人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昔のゴミ箱

・・・・・・っということで、わが街は月曜と木曜がごみ収集日である。

朝の8時までには出してくださいといわれているので、いくら寝不足でも起きなければならない。

毎回我が家から出るゴミの量は45リットルのゴミ袋が3袋である認股證 行使價

その内の一つは生ごみ用。

3袋ともパンパンである。

それが4袋5袋になることもしばしば。

っということは、毎週6袋から8袋分のゴミが出る計算になる。

これはスゴイ量だ。

搬出はぼくの担当になっているのであるが、2階から自宅前の集積所に持っていくのにかなりの労力が必要になる窩輪到期

ついでに金曜日はカンとビンの回収日だが、その空き缶の量もハンパではない

もちろんぼくが飲むビールとワインのボトルが占めて入るのだが。

いったいいつからこんなにゴミの量が増えたのだろうか。

・・・・・・

皆さんの殆どは、この写真を見てもピンと来ないだろう。

ぼくが小学生だった頃のゴミ箱である權證

一軒分ではない。

町内数軒分の共用ゴミ箱である。

いまのようにビニールのゴミ袋なんかに入れず、ゴミをそのまま上の蓋を上げて放り込む。

ゴミ箱前面の扉は上にスライドするようになっていて、役所の清掃係の人が(昔はリヤカー)収集にやって来る。

木のヘラのようなもので、底を掻いてキレイにしていく。

生ごみも混じっているので、嫌な匂いがする。

近くの主婦がバケツに水を汲んできて洗っていたような記憶もある。

それでも、ウジが普通に湧いていたのを覚えている。

昔はこの程度のゴミの量だったのである。

・・・・・・

今のゴミの量を見て異常に思わなくなったのは、ぼくらの神経が麻痺してしまったに違いない。

ゴミが増えたのは消費が増えたからと考えられる。

人間が生きていく上で、こんなに沢山の消費が必要であるはずがないではないか。

ぼくが小学生だった頃と比べて、無駄な消費が増えていると考えて間違いないだろう。

確かにこの資本主義社会は消費がないと上手く回転していかない仕組である。



ここまで読んだところで、自分の周囲をじっくり見渡してみたらどうだろう?

・・・・・・
by morethanfantasy | 2016-07-07 12:20